ザキンコのブログ

ザキンコの日記のはてなブログ版です。

ミニノートPC FFF-PCM2B買ってみた

www.fff-no1.co.jp

小さいノートPC買うのはSONYVAIO PCG-U3以来かな。東京に来た時に買ってしばらく使ってた。 www.sony.jp

FFF-PCM2Bの欠点はディスクがeMMCなところなので、さっさとSSDを入れてディスククローンをしてしまう。 メーカーも分かってるみたいで、背面の小さなネジを外せば簡単に入れられる。サイズはM.2 2242なので短いやつ。品薄。 ディスクのベンチ(CrystalDiskMark)は以下。

倍くらい速いので交換したら少し軽くなるかな。 パーティションのクローンは Paragon Hard Disk Manager 17 Professional を使った。割と安定。 元のWindows11を立ち上げてParagonでUSB接続のM.2マウンタに入れたSSDにクローン。領域を全て使うように調整。 念の為、別のUSB接続HDDにもパーティションのイメージをバックアップ。 ドライバはDouble Driverがもう更新されていないので、コンソールでdismを使った。

dism /online /export-driver /destination:”D:\deviceDriversBackup”

電源を落としてSSDを取り付けてBIOS起動してeMMCをdisableしてWindows起動。無事に起動しました。

困ったのは、ドライバが入っていない生のWindowsLinuxを起動すると画面が横向きになってしまうこと。 SSDを入れた後は起動時に本体のキーボードが効かなくなってUSB接続のキーボードを刺してDELを押さないとBIOSに入れないこと。 CHUWI MiniBookと同じ仕様だと思うので、先行研究がいろいろあるみたいだから、Linuxを入れる時は参考にしよう。

あとはLINEやzoomを入れて、マシなWEBカメラとマイクとHDMIでモニターを繋げば、テレビ電話には使えるかな。 初Windows11機でした。そういやセットアップにマイクロソフトアカウントが要らなかったが大丈夫かなあ。

13年前に書いたrubyでsha-256を計算するスクリプトを発掘

仕様に近い形でソースを書けてた。ruby3.0は少し速くなってるね。Digest::SHA256を使えない環境でも動く。固定長のビット演算モジュールがあればもっと高速に計算できるはず。

# -*- encoding: US-ASCII -*-
# SHA-256 implementation of pure ruby.

module Purerubysha256
  MASK = 0xffffffff
  def self.rotr(i, n)
    (i >> n) | (MASK & (i << (32 - n)))
  end

  def self.inttostr(i)
    sprintf("%08X", i)
  end

  def self.digest(str)
    [hexdigest(str)].pack("H*")
  end

  def self.hexdigest(str)
    #H[0]..H[7]
    h_a = [0x6a09e667, 0xbb67ae85, 0x3c6ef372, 0xa54ff53a,
           0x510e527f, 0x9b05688c, 0x1f83d9ab, 0x5be0cd19]
    # ch(x, y, z) = (x and y) xor (not x and z)
    ch = lambda {|x, y, z| (x & y) ^ (~x & z)}
    # Maj(x, y, z) = (x and y) xor (x and z) xor (y and z)
    maj = lambda {|x, y, z| (x & y) ^ (x & z) ^ (y & z)}
    # s ss
    s0 = lambda {|x| rotr(x, 2) ^ rotr(x, 13) ^ rotr(x, 22)}
    s1 = lambda {|x| rotr(x, 6) ^ rotr(x, 11) ^ rotr(x, 25)}
    ss0 = lambda {|x| rotr(x, 7) ^ rotr(x, 18) ^ (x >> 3)}
    ss1 = lambda {|x| rotr(x, 17) ^ rotr(x, 19) ^ (x >> 10)}

    # K[0]..K[63]
    k_a = [
      0x428a2f98, 0x71374491, 0xb5c0fbcf, 0xe9b5dba5, 
      0x3956c25b, 0x59f111f1, 0x923f82a4, 0xab1c5ed5, 
      0xd807aa98, 0x12835b01, 0x243185be, 0x550c7dc3, 
      0x72be5d74, 0x80deb1fe, 0x9bdc06a7, 0xc19bf174, 
      0xe49b69c1, 0xefbe4786, 0x0fc19dc6, 0x240ca1cc, 
      0x2de92c6f, 0x4a7484aa, 0x5cb0a9dc, 0x76f988da, 
      0x983e5152, 0xa831c66d, 0xb00327c8, 0xbf597fc7, 
      0xc6e00bf3, 0xd5a79147, 0x06ca6351, 0x14292967, 
      0x27b70a85, 0x2e1b2138, 0x4d2c6dfc, 0x53380d13, 
      0x650a7354, 0x766a0abb, 0x81c2c92e, 0x92722c85, 
      0xa2bfe8a1, 0xa81a664b, 0xc24b8b70, 0xc76c51a3, 
      0xd192e819, 0xd6990624, 0xf40e3585, 0x106aa070, 
      0x19a4c116, 0x1e376c08, 0x2748774c, 0x34b0bcb5, 
      0x391c0cb3, 0x4ed8aa4a, 0x5b9cca4f, 0x682e6ff3, 
      0x748f82ee, 0x78a5636f, 0x84c87814, 0x8cc70208, 
      0x90befffa, 0xa4506ceb, 0xbef9a3f7, 0xc67178f2,
    ]

    # "1" is appended.
    buf = str + ["10000000"].pack("B8")

    if (56 - buf.size % 64) < 0
      (64 + (56 - buf.size % 64)).times do
        buf += [0].pack("C")
      end
    else
      (56 - buf.size % 64).times do
        buf += [0].pack("C")
      end
    end

    # set the number of bits in the original message.
    buf += [sprintf("%016X", str.size * 8)].pack("H*")

    m_a = []
    (buf.size / 64).times do |i|
      m_a[i] = buf[i * 64, 64]
    end

    m_a.each do |m|
      w = []
      # W0 to W15
      w = m.unpack("N16")

      # W16 to W63
      (16..63).each do |t|
        # W(t) = ss1(W(t - 2)) + W(t - 7) + ss0(W(t - 15)) + W(t - 16)
        w[t] = MASK & (ss1.call(w[t - 2]) + w[t - 7] + ss0.call(w[t - 15]) + w[t - 16])
      end

      a = h_a[0]
      b = h_a[1]
      c = h_a[2]
      d = h_a[3]
      e = h_a[4]
      f = h_a[5]
      g = h_a[6]
      h = h_a[7]

      64.times do |t|
        # T1 = h + s1(e) + ch(e,f,g) + K(t) + W(t)
        t1 = MASK & (h + s1.call(e) + ch.call(e, f, g) + k_a[t] + w[t])
        # T2 = s0(a) + maj(a,b,c)
        t2 = MASK & (s0.call(a) + maj.call(a, b, c))
        # h = g, g = f, f = e, e = d + T1, d = c, c = b, b = a, a = T1 + T2
        h = g
        g = f
        f = e
        e = MASK & (d + t1)
        d = c
        c = b
        b = a
        a = MASK & (t1 + t2)
      end

      # H0 = H0 + A, H1 = H1 + B, H2 = H2 + C, H3 = H3 + D, H4 = H4 + E
      h_a[0] = MASK & (h_a[0] + a)
      h_a[1] = MASK & (h_a[1] + b)
      h_a[2] = MASK & (h_a[2] + c)
      h_a[3] = MASK & (h_a[3] + d)
      h_a[4] = MASK & (h_a[4] + e)
      h_a[5] = MASK & (h_a[5] + f)
      h_a[6] = MASK & (h_a[6] + g)
      h_a[7] = MASK & (h_a[7] + h)
    end

    str = ""
    h_a.each do |v|
      str << inttostr(v)
    end
    str
  end
end

require 'benchmark'
require 'digest/sha2'

Benchmark.bm do |x|
p "abc"
  x.report { p Purerubysha256.hexdigest("abc") }
  x.report { p Digest::SHA256.hexdigest("abc") }
p "ba7816bf8f01cfea414140de5dae2223b00361a396177a9cb410ff61f20015ad"
p ""
p "abcdbcdecdefdefgefghfghighijhijkijkljklmklmnlmnomnopnopq"
  x.report { p Purerubysha256.hexdigest("abcdbcdecdefdefgefghfghighijhijkijkljklmklmnlmnomnopnopq") }
  x.report { p Digest::SHA256.hexdigest("abcdbcdecdefdefgefghfghighijhijkijkljklmklmnlmnomnopnopq") }
p "248d6a61d20638b8e5c026930c3e6039a33ce45964ff2167f6ecedd419db06c1"
p ""
p "a * 1000000"
buf = "a" * 1000000
  x.report { p Purerubysha256.hexdigest(buf) }
  x.report { p Digest::SHA256.hexdigest(buf) }
p "cdc76e5c9914fb9281a1c7e284d73e67f1809a48a497200e046d39ccc7112cd0"
end

ruby の Dir.foreach 等で Encoding を指定する時メモ

はまったのでメモ。 Encodingの定数を引数として渡す時に「encoding:」を付けておかないといけない。

enum_ok = Dir.foreach('C:/var', encoding: Encoding::Windows_31J)

enum_error = Dir.foreach('C:/var', Encoding::Windows_31J)
# enum_error を使うときにエラーが出る
# `open': wrong number of arguments (given 2, expected 1) (ArgumentError)

地デジ番組をRAID1ミラーのLinkstationに保存するメモ

先日書いたLinkstationを10TBのミラーディスクにするのはこれの前ふり。

HDDが2台入るLinkstationのディスクを大容量の物と入れ替える - ザキンコのブログ

たぶん一番故障する確率が高いのはハードディスクなので、ここを二重化しておくと大分安心。 何台か使っていたけどLinkstation本体が壊れたことは今の所ないから、Linkstationの基盤が壊れたら諦める。 本体の故障でもデータを諦めたくないなら、Linkstation本体を複数台買っておいて複数ダビングしておけばさらに安心だろう。

うちにあるソニーのBDZ-ZW550はLANで他の機器にダビングする機能は同系統の機器に移す「お引越しダビング」のみで、この機器の操作では他の機器にダビングできない。 だけど、他のサーバー機能を持った機器やアプリを使えば、BDZ-ZW550からLANでダビングすることが可能だった。

一つは、前に書いた Synology の DiskStation(DS418) に sMedio DTCP MOVE を入れてダビングする方法。

Synology の DiskStation(DS418) に sMedio DTCP MOVE を入れてみた - ザキンコのブログ

これには大きな欠点があって、DiskStationに入れたら最後取り出せない。それを克服できるのがDixim SeeQVault ServerとLinkstationだった。

BDZ-ZW550 > Dixim SeeQVault Server > Linkstation

の順にダビングすることができて、Dixim SeeQVault Serverからは、LinkstationとDixim SeeQVault Serverの間は互いにダビング(ムーブ)可能。

注意点としては、Dixim SeeQVault ServerはSeeQVaultのハードディスクを接続しないと動かないこと。

Linkstationに保存した番組はAndroid版のsMedio TV Suiteで再生できた。DiXiM Play(Android用アプリ)でもインターレースの設定を変えたら再生できた。 DiXiM Digital TV for iOS だと再生できなかった。

画面キャプって保存するのは時間かければできるのだろうけど、あくまでDTCP-IPで番組を長期間保存する方法ということで。

www.digion.com

www.sony.jp

HDDが2台入るLinkstationのディスクを大容量の物と入れ替える

これやると保証なくなるので注意!

LS220DGシリーズの最安LS220D0202Gは、1TBが2台入ってるLinkstation。

www.buffalo.jp

これを10TBが2台の構成に変えて、RAID1ミラーにしてみる。

初期セットアップを普通にやった後、RAIDアレイを解除。

電源を落として片方のディスクを10TBに入れ替える。

起動して10TBをフォーマット。

きちんと認識したら電源落として、もう片方も10TBに入れ替える。

電源入れてフォーマット。

フォーマットが終わったらRAID1アレイを構築。resyncに4,5日かかった。

子どものApple IDで Toca Life: World のアプリ内課金するメモ

tocaboca.com

これまで自分のIDでiPadを使わせていたけど、子どもが Toca Life: World を遊びたいと言ってきたので、 良い機会だと思って「ファミリー共有」の「メンバー追加」でとりあえず子ども用の Apple ID を作ってみた。これは簡単。

support.apple.com

iPadからログアウトして子どものIDでログインし直ししてみたら、インストールしていたアプリはそのままホームに残っていた。 次にゲーム本体は無料なので、ダウンロードしようとしたが、親のアカウントで過去にダウンロードしていた物は、親のApp Storeで非表示に変更しておかないと、子どものアカウントで入手ができなかった。

App Storeで「入手」ボタンを押した時に親のアカウントに購入申請を送ることができるので、親のiPhoneで承認すればインストールできる。 はずなのだが、一度両方の機器を再起動しないと申請が来なかった。ログインし直しが必要なのかも。

support.apple.com

子どものアカウントで課金できるように、Apple ギフトカードを購入してきて子どものアカウントにチャージ。これは簡単。

しかし、アプリ内課金でApp Storeが開くが、子どもの支払い情報としてカードを登録しろと言われる。 ここで氏名住所電話番号の方だけを入れたら通った。ここは躓いた。

あとは、親のiPhoneに購入申請が来るので、それを承認すれば子どものアカウントにチャージしておいたお金で課金できる。

Toca Life: World は、お人形遊びのようなことがゲームの中でできるので楽しいみたい。 でも、数千円の課金もあるので課金関係は注意した方がいいです。 以上。

古い Terastation TS-XLシリーズをSMB2に対応させるメモ

最近のWindowsはSMB1を無効にしてあって、デフォルトでは古いTerastationに接続できない。 とりあえずWin側でSMB1を有効にすれば接続できるようになるがそろそろ完全無効にされそう。 なので、スクリプトを打ち込んでTerastation側をSMB2に対応させて少し延命しようと思うのでメモ。解析した先人に感謝。 ミスったら壊れるのでデータはバックアップをするなど十分注意してください。

  • 必要なもの
    • JRE
    • acp_commander(改良版)

github.com

とりあえずcat。ファイヤーウォールがうんたらと言われたらこのコマンドを使う間は無効に。

java -jar acp_commander.jar -t [target_ip] -pw [target_password] -c "cat /etc/init.d/smb.sh"

「configure()」関数の末尾にSMB2を記述したいので、smb.shの57行目に一行追加すればいい。なので以下のコマンド。sed使ったことないので参考リンクからほぼコピペです。

java -jar acp_commander.jar -t [target_ip] -pw [target_password] -c "sed -i '57a \        sed -i \"1a \\    max protocol = SMB2\" \/etc\/samba\/smb.conf' /etc/init.d/smb.sh"

これで再起動すればSMB2で接続できるようになりました。ファームウェアをアップデートしたら再実行しなきゃいけないかも。

  • 参考

www.myit-service.com

  • おまけ

最新ファームアップデーターの1.76はディスク全部入れ替えちゃった後のEMモードから全フォーマットで復旧できなくなっているみたいなので注意。1.74はいけました。