ザキンコのブログ

ザキンコの日記のはてなブログ版です。


ThinkPad X200sにWindows 8.1を入れてみる

そろそろWindows 8.1を触ってみるかということで、安くなった中古のX200sを手に入れて、メモリを増設して、パッケージ版がWindows 7の半額になってるWindows 8.1をインストールしてみた。lenovointelのドライバが8.1用の物がほとんどないので、Microsoftが用意している物に限られるのだが個人で使うには問題ない。8.1はUIが大きく変わったが、タブレット用のGUIに変わっただけなので慣れれば使えると思う。スタートメニューに入っていたアプリは下ページ(としか言いようがない)に収納されているのでそこから起動する。インストーラーを使わないアプリは、好きな場所に入れてデスクトップにショートカットを置いておけばいい。どうしても慣れない場合は、Classic Shell(http://sourceforge.jp/projects/sfnet_classicshell/)を入れよう。
CPUはCore 2 Duo SL9300(1.6GHz)でパワー不足だがデュアルコアだしメモリはDDR3で速いのでブラウザも普通に動くしYoutubeも見られる。Windows 8.1の勉強用のサブマシンにはちょうど良い。

困ったのは内蔵している無線LANアダプタの「Intel WiFi Link 5100」が8.1に対応していなかったこと。具体的にはドライバはちゃんとあたって認識はするのだけど、ネットワークのチャームで有効にできない状態になっている。なので、無線LANを使う場合はUSBの無線LANアダプタを用意しないといけない。8までは対応してたらしい。
あと、BIOS更新ツールが8以降には対応していないこと。これだけのために一旦インストールした8.1を外付けHDDにフルバックアップして、Vistaを入れ直してBIOSをアップして、バックアップから8.1を戻す作業をした。

ThinkPad X200s 17,850円
Windows 8.1 12,000円
DDR3 SO-DIMM PC3-10900 CL9 4GB 2枚組 8,190円
合計 38040円

メモリーは4GBでも良かったかも。外付けのDVDとHDDは持っていたので新たに買っていない。バッテリーは互換バッテリーを買うかも。
5万円もあれば安い新品のノートPCを買えるが、最近の機種はどうも気に入らないので。それなりに状態の良い6年前のノートPCが安くで手に入って最新OSが動いてそれなりに使えるって良い時代になったなあと思う。

(追記)
X200sの内蔵無線LANモジュールはBIOSが対応している物しか使えないので普通の方法では交換はできない。改造BIOSを入れると汎用モジュールも使えるようになるらしいが…。

Windows8.1では使えないWindows7用のアプリをインストールする方法メモ。
http://kagewari.seesaa.net/article/374560229.html