ザキンコのブログ

ザキンコの日記のはてなブログ版です。

ゲーム「PC Building Simulator」

パソコンの組み立てシミュレーションゲーム。パソコンパーツショップの店員のトレーニングに最適。ニッチだ。いつもお世話になってるなんたらパラダイスさんの新人研修にどーぞ。

最近のパーツでゲーミングPCを作るという感じでパーツ数は多いけど拡張ボードの種類はグラボだけなので、いつも自分が作っているような格安中古パソコンにいろいろ組み込んでなんちゃってサーバーとかはできない。残念。

Threadripperを空冷で組んだらCPUクーラーが大きくてメモリと干渉するので、予定より少しメモリが少ないPCができて笑った。今度は水冷にも挑戦してみたい。

説明書を読んでないからなのかSLIしたくないのに勝手になるとか、スペースあるのにグラボ3枚載せられないとか、まあ普通の人は気にしないようなことが気になったけど、予算を気にせず試せるのが最高。楽しいです。

store.steampowered.com

たまには経済ネタ

ブログ「リベラル21」の記事は面白いけど、あっちでまとめて読むのは探すのが面倒なので自分でまとめました。経済学者の盛田常夫さんの記事。
リベラル21 経済学の貧困と「経済学者」の劣化(1)
リベラル21 経済学の貧困と「経済学者」の劣化(2)
リベラル21 経済学の貧困と経済学者の劣化(3)
リベラル21 経済学の貧困と経済学者の劣化(4)
リベラル21 経済学の貧困と経済学者の劣化(5)
リベラル21 政府と日銀を統合して考えれば、財政再建は完了しているという俗論
気になる所を引用。

政府債務問題が何時顕在化しようと、赤字国債が将来の税収の前取りである限り、誰が国債保有していようが、最終的に納税者がその付けを払うことに変わりはない。しかも、益を受けるのは現在の納税者、負担するのは将来の納税者だから、負担の世代間不公平が存在する。累積赤字が増えれば増えるほど、その不公平が大きくなる。だから、ヘリコプターからお金をばら撒くように、日銀が政府の国債をばんばん買い取り、政府の財政赤字を埋めることは許されないのだ。

大事なのは「益を受けるのは現在の納税者、負担するのは将来の納税者」で、子どもや孫が居ない現在の納税者はどんどん赤字を増やしても特に気にならないだろうけど、居る人は多少は気にするはず。ただ、現在の政権と日銀は任期が終わるまでは先延ばしで、後始末は次の政権の責任にするつもりだろうと思う。そして「その6」で予言めいたことが書かれている。

日本でもっとも蓋然性が高いのは、自然災害(巨大地震津波)か、原発の人災が大きく広がって、私権制限の措置が導入される事態である。緊急事態法などで、預金引出しが制限され、資金的裏付けのない財政支出政府紙幣のような紛(まが)い物が導入されれば、ハイパーインフレを惹き起こすだろう。つまり、大規模災害の発生→私権の制限→税の裏付けのない財政支出ハイパーインフレという経路を通して、巨額に膨れ上がった政府債務と一般国民の債権(預金)がチャラになる。望むと望まざるとを問わず、この種の強権的な措置によってしか、巨額な債務を大幅に削減できないだろう。国民が増税による債務の負担を拒む限り、他に方法がない。

関連しておすすめがこちら。
shinsho.shueisha.co.jp

幼児用ノートパソコンとOSメモ

ThinkPad X121e(AMD版)にSugarを入れてあったのだけど、ベースのFedoraが古くなったのと別の方法でインストールすることを試してみたかったので、最新のFedora30を入れてみることにした。前はどの方法で入れたか記憶もないし。
X121eはメモリだけは4GにしてるけどGNOMEは重すぎて使い物にならないのでFedoraの実用性はなし。
Sugarは元々OLPC用だったみたいで軽いので子どものおもちゃには使える。
sugarlabs.org

Fedora30のワークステーション版をダウンロード。
getfedora.org
USBメモリへの書き込みはbalenaEtcherを使ってみた。
www.balena.io

X121eにUSBメモリを刺してBIOSで起動順を設定してUSB起動。有線LANで接続。インストーラーのUIがとても綺麗。
インストールが無事に終わったらSugarのインストール。
github.com

コマンド一つでインストールされるので再起動してログイン画面の設定でSugarを選んでログインすればOK。
ちなみにUbuntuにインストールしたらSugarのアプリが少なかった。何か入れ忘れがあったらしい。

格安PC用スピーカーメモ

  • MS-P08USBBK

www.elecom.co.jp
買って失敗。音はまあ出るんだけど、PCの電源オンオフ時にかなり大きいノイズが出る。ポン、ポンという感じで心臓に悪い音、耐えられない。2台買って両方同じだったので仕様だろう。PCとの間にUSBハブをはさんでみたりしたが無駄でした。これ平気な人も居るんだろうけど、俺は無理。USB一本で電源とオーディオアダプターの機能を兼ねている機種は注意だな。

  • MM-SPL11UBK

www.sanwa.co.jp
こっちを買い直してみたが正解。オンオフ時のノイズはほとんど出なくなったし意外に大きい音が出る。スピーカー本体の音量を最大にするとノイズが出るけど、半分くらいにしておけば問題なし。液晶の上部に設置出来てスペースも節約できた。ただし、この機種のUSBはあくまで電源なので、PC本体にオーディオが載っていてミニステレオプラグが付いていないといけない。

TL-SG1024DEメモ

www.tp-link.com

高機能で低価格なスマートスイッチ。この値段でこの高機能はありえないだろうというレベル。
うちではVLAN機能で24ポートを8ポートずつ3つにネットワークを分けて、3台のスイッチングハブがあるような状態にしてる。家のネットワークとは別にネットワークの実験をする時に便利。
価格コムでのレビューが低いのは設定ミスだと思うけど、普通のスイッチングハブは設定要らないからなあ。
ただ、うちだとこのスイッチのIPの設定をDHCPにしておくと、家のネットワークが不調の時に「192.168.0.1」というルータのアドレスと被るアドレスになっちゃって、ネットワークが繋がらなくなることがあった。
なのでTP-Linkのツールで初期設定をするのは必須。IPは「192.168.0.254」などに固定で割り当てておくことをおすすめする。

kakaku.com

古いSSDが復活したのでメモ

2011年に壊れたと思って取り外して保管していたIODATASSD(中身は東芝)が普通に動いて驚いた。
データの消去をやらないといけないのに動かないからどうしようかと思って保管してしたものをとりあえず接続してみたところ、IntelRAIDチップのSATAに繋ぐと不調だけど、SATA-USB変換で接続すると普通に動くので、おかしいなあと思って別のSATAに接続したら普通に動く。
そういえば前に使っていたパソコンもIntelRAIDチップが載っていたような気がする。古いSSDだしRAIDチップと相性があるのかもしれない。
www.iodata.jp
d.hatena.ne.jp

HighPoint RocketU 1142Aメモ

http://www.highpoint-tech.com/USA_new/series_RocketU1142A-Series.htm

RocketRAIDシリーズで有名なHighPoint Technologiesの高性能なUSB3.0ボード。少し古いけど在庫処分な感じで安く出ていたので買ってみた。
PCIEx4で接続してPCI bridgeのPEX 8609で4分割して、それぞれASMediaチップのASM1042Aにつないでる。
たぶんPCIEx8を8分割できるPCI bridgeのチップなのでちょっともったいない。
外部USBが2本、内蔵USBが2本で、内蔵を使わないとチップが2枚眠ることになるので、変換コネクタを使って外部USBとして使おう。
DebianでstressコマンドによるUSB3.0ハードディスクへの書き込みテストも10時間はクリアしたので、安定して使えると思う。さすがHighPoint